閑に恬と、

*
+-極矮小世界観点-+

-安閑恬静-

【統合失調症】のち【双極性障害】【パニック障害】の青人草の一端が家族に支えられ生きています。

話し相手は家族だけの小さな世界から、ぽたりと【ひとりごと】を。

*

生きているだけで、


2023/03/19
+++++


当然のように突然に「今から行く」と姉から伝言が来ました。月に数回も敷地内から出ない≪外出拒否症≫の私を想ってかどうか分かりませんが、まずは敷地外に連れ出して、あてどもなく運転をするのが週に1度あるかないかの姉の私に対する愛情です。


走行中は他愛のない話から1週間家で何があったのかなどの報告を、離れて住んでいる姉に相談のように話します。姉は笑いながら、でも時折的確に俯瞰した意見を発します。


私は一つのことに目が行くとそこしか考えられなくなる場合が多いので、会話を拾って俯瞰で見た姉の言は心にくることばかりです。体調面も気にして「調子はどう、」と聞いてくれるのですが、良い返事はなかなか出来ません。


「寝床とPCを日中行き来している」「体力が維持できずお風呂や夕食が儘ならない」ことを伝え、最後には「私って生きている意味あるのかな、」と反応に困る言を溢していました。


「生きているだけでまるもうけ」突然、片言のような、呪文のような言い方を姉はします。有名な方の言らしいですが。姉は繰り返して言います。


「意味とか価値が勝っているんじゃなくて、そこに在るだけで、瀞愁が居てくれるだけで良いんだよ」と。私はまたもや「お姉ちゃんも、こんな妹めんどくさくない、」と負の要素たっぷりに言うと。「生きていてほしいよ、会話してくれるだけでいいよ、それだけで十分」はっきりと。


私は「そうか」と笑いながらいつの間にか涙が滲んでいました。運転中の姉には分からないように拭うのが大変です。人から、しかも家族からの言葉は心に直に響きます。こんな幸福感はありません。


この世に在る皆は「生きているだけ」それだけで。


自らが行動し、この瞬間を忘れないために記します。
出来るときに、出来ることを出来るだけ。



ブログランキング・にほんブログ村へ