閑に恬と、

*
+-極矮小世界観点-+

-安閑恬静-

【統合失調症】のち【双極性障害】【パニック障害】の青人草の一端が家族に支えられ生きています。

話し相手は家族だけの小さな世界から、ぽたりと【ひとりごと】を。

*

凪のとき


2020/12/28
+++++


7時頃に始まる≪珈琲時間≫に間に合うよう、5時30分、薪ストーブの≪焚きつけ≫をし始めます。≪焚きつけ≫直後から薬缶に水を入れ薪ストーブの≪天板≫へ、お湯が沸くまで1時間近くかかります。



6時20分近くになると幕を開け、夜明けの仄白くなる様を眺めながら≪手挽き珈琲ミル≫で≪珈琲豆≫を挽きます。


まだまだ暗いですが、徐々に白々しくなる様子を見ながら、ゆっくり、同じ調子で≪珈琲豆≫を挽いていきます。



そして、薪ストーブの働きのおかげでお湯が沸きました。
≪珈琲豆≫を挽いた時の香が残りつつの空間で、珈琲を淹れます。



外は夜明けが来ます。
やわらかい光に当たりながら、少しずつ、ゆったりと珈琲を淹れていきます。


もうすぐ≪珈琲時間≫、皆が集まります。


毎朝、この調子で淹れられることを願って。


日日の暮らしの歩を進めるために。
自身にとっての≪衣食住の在り方≫を模索し続けます。



ブログランキング・にほんブログ村へ